旦那の浮気相手へ慰謝料請求はできるのか?慰謝料を左右する3つのこと

一生を誓ったパートナーの不倫、旦那を許せないのはもちろんですが二人の幸せを壊した一因である浮気相手も許せないですよね。不倫は法律に違反する許されない行為です。

「浮気相手に償ってもらいたい。」

「慰謝料を貰いたい」

そう思った場合に浮気相手から慰謝料を請求できるケースや請求する方法を具体的にお伝えします。

旦那の浮気相手へ慰謝料請求はできるのか?

配偶者の浮気が発覚した時、浮気相手に慰謝料を請求できるのでしょうか。そして慰謝料の相場はいくらなのでしょうか。

まず、慰謝料を請求できる期間は法律で決められています。配偶者の浮気から20年が経過した場合、または浮気を知ってから3年経過した場合には慰謝料を請求する権利は消滅します。20年はなかなか長い期間ですが、浮気を知ってから3年には要注意です。慰謝料請求は法律の素人だと難しいので探偵事務所や弁護士に相談することが多いと思います。

しかし、弁護士や探偵に依頼するのはハードルが高く、悩んでいるうちに3年が経ってしまうことは良くあるのでこの時効の事も覚えておいて下さい。

ちなみに時効成立を阻止するためには、期間内に勝訴することは必要なく、裁判で訴えを起こしていれば大丈夫です。

慰謝料を貰うために大切なのは証拠です。ここでいう証拠とは裁判で不倫が認定され慰謝料が認められる証拠です。

「この間楽しかったね。」

「好きだよ。」

というメールのやり取りがあった場合、日常生活では浮気と言うのに足りますが裁判ではもっと厳格です。

不貞が認められるためには、肉体関係があった事を証明する必要があるのです。例えばラブホテルへ入っていく写真などが証拠としてある場合は不貞を認められやすいケースになります。

慰謝料を左右する3つのこと

浮気相手に請求できる慰謝料の相場はいくらでしょう。浮気が原因で夫婦関係を終わらせ離婚する場合には300万から500万円、夫婦関係を継続する場合には200万程度と言われています。

その他に慰謝料の額を大きく左右する事を3点ご紹介します。

一点目は、「浮気の主導権」です。不倫相手から積極的に誘っていたり不倫相手が関係の継続を迫ったりなど浮気の主導権を不倫相手がが握っていた場合は、より過失が大きいため慰謝料の額が高額になります。

次に浮気相手が「既婚者であることを知っていたか」が重要なポイントです。あなたのパートナーが独身だと浮気相手に嘘をつき、浮気相手がそれを信じた場合は、原則として慰謝料を取ることができません。ただし、浮気相手に落ち度があり既婚者だと知り得た場合には慰謝料を取れる可能性があります。具体的には、指輪をしていたりSNSに載せている家族写真を見たりなどです。

最後に「浮気期間」も慰謝料を左右します。一夜限りの関係と継続的な不倫関係では、継続的な関係の方がより慰謝料は高額になります。

浮気調査はプロである探偵に任せるのが確実

既に書いたように、裁判で慰謝料が認められるためには不貞行為があった事を証明する必要があります。

証拠がなければ、浮気していないと通されてしまう事もありますので、確実に浮気を認めさせ慰謝料を取るためには浮気調査のプロに依頼するのがおすすめです。

詳しい費用や手続きついてはこちらの記事では紹介しませんが、探偵を使うのもひとつの手です。探偵事務所には、弁護士もいますので浮気調査からその後の裁判までフォローしてもらえますよ。”

まとめ

この記事では、浮気相手に慰謝料を請求できるケースや、慰謝料額についてお伝えしました。

不倫は、法律でも罰せられる許されない行為です。勇気を出して、浮気相手にも慰謝料をいただき責任を果たしてもらいましょう。