浮気の修羅場「漫画のような実話」と最良の対処法【そのドア開けないで】

浮気をされた…

彼氏が女と一緒に歩いていたという噂を聞いた…

なんて話はよく聞く話ですね。

時々聞く浮気に遭遇して修羅場になった話。

元モーニング娘。の矢口真理さんは元夫の中村昌也さんが留守にしている最中に別の男性と行為中夫が帰宅し不倫がばれたという話がありました。

実際に彼氏や旦那さんがいる方にも他人ごとではない可能性があります。

実際男性の50%、2人に1人が浮気をしているという統計があります。

最近怪しい…。

浮気をしているかも…

この記事では修羅場の予感のあるあなたが読みたい、修羅場の実例と万が一修羅場に遭遇しそうなときどうしたらいいのかについてまとめました。

もし本気で浮気が疑わしく、相手女性もだいだい目星はついているなんて方は特に読んでみてください。

AMUSE(アムス)

まるで漫画のような展開…女性が初めて経験する修羅場

まるで漫画のような展開…女性が初めて経験する修羅場

ある女性は彼氏の誕生日の直前で喧嘩をしてしまい、誕生日に会う約束をキャンセルしてしまいました。

怒り収まらぬ彼女は、誕生日もほかの予定を入れて遊んでしまおうかと思っていたのですが、数日経って頃に頭も冷えて自分の反省点のほうが多いことに気が付き彼氏の誕生日を祝うことにしました。

誕生日当日、謝罪を兼ねてサプライズで用意してあったプレゼントを片手に彼のアパートを訪れました。

許してくれるかな…ちゃんと自分が悪かったところ全部謝って彼の誕生日を心から祝おう」

そんなことを心に決めて合鍵で彼のアパートへ。

ドアを開けまず飛び込んでくるのはいつも通りの彼の家の玄関…

ではなく見知らぬ女性ものの靴が並んだ玄関…

恐る恐る入っていくとそこには別の女と寝ている彼の姿が……。

唖然としてしまい、立ち尽くしてしまいました。

まったく起きない様子、スヤスヤと幸せそうに眠っている二人を見ていたら我に返り怒りがこみあげて気づいたときには行動していました。

怒りで我を忘れた彼女は見知らぬ女を叩き起こし、ベッドから引きずり下ろします。もうまさに修羅場です。

二人は服を着ていましたがそんなことは何の慰めにもならず、言葉にもならないような剣幕でまくし立てる彼女に対し女はなんと逆ギレ

そこら中のものを投げつけながら家から出て行ってしまったのです。

その後彼女も彼氏を問い詰める気力もなく彼のアパートを出ました。

その時見えた二人の関係は昨日今日のものではなく、二股か、ひょっとしたら彼女のほうが「浮気相手」なのかさえ怪しいと感じたほどでそれも問い詰める気力さえなくさせた一つの要因だったようです。

その後彼氏とは別れの言葉一つもかけることなく着信拒否、それ以来会うこともありません。

彼女は男性に浮気されたという経験はありましたが、このような修羅場に遭遇する機会はこれが初めて。

浮気を目撃した衝撃で、彼への思いを断ち切ることは難しくはありませんでしたが、その時の光景や自分の感じたストレスは今でも忘れることができないと言います。

結婚しているなら…浮気の証拠を掴むまではそのドア開けないで

結婚しているなら…浮気の証拠を掴むまではそのドア開けないで

最初にご紹介した彼女は結婚はしていなく、修羅場後もお別れと心の傷だけで済んでいますが結婚しているとなるとそうはいきません。

もし結婚をしているならそのドアは開けないほうがいいでしょう。

それは離婚に進む際に浮気の事実を逃れられて慰謝料請求ができなくなってしまうからです。

例えば夫と不倫相手が行為中であれば、ドアを開けて証拠を一枚写真にパチリと納めておけば立派な肉体関係の証拠にはなるのですが、そうでない場合は困ったことになります。

「浮気をしていない」などと突っぱねられる恐れもあるからです。それだけならまだしも、これをきっかけに夫と不倫相手は今ある証拠は全て隠滅しにかかるでしょうし、そこから確固たる証拠を集めるのは至難の技でしょう。

だからもしそんな場合に直面するなら、そのドアを開けない方が良いのです。

それに、ドアを開けてしまったら、冷静でいられる人なんて少ないのではないでしょうか。目に焼き付いてしまって、未来永劫消えないトラウマになる可能性もあります。自分は右にも左にも動ける状態にしておいて、最後にその証拠を突きつけるだけでいいと思います。

夫が不倫相手と結婚しようが関係ない?あなたの心が落ち着くことが大事

ドアを開けてしまったら、不倫が発覚してしまうと同時に二度と前の夫婦関係には戻れなくなることでしょう。

二人に詰め寄るほどに、開き直った夫と不倫相手は行く場所を失いかえって絆を深めてしまうこともあるのです。

あなたは急につきつけられた現実に戸惑い、修復を試みたいと思うかもしれません。一度は永遠を誓い合った相手ですし、連れ添ってきたという自負もありそう考えるのは自然なことです。

しかし修羅場に遭遇していなければよかったと言えるのかもしれませんが、もうすでにドアを開けてしまっていたのだとしたら、女ですから夫を許すことは難しいでしょう。

すぐに離婚が難しい場合、別居もまた一つの選択ですが、無理に夫婦関係を続けてことあるごとに夫を攻め立てるようなことをしていると夫のほうが根をあげてしまうのです。まずは周りがどうなろうと気にせず、あなた自身が心を落ち着けることが大事です。

ドアを開ける前に一呼吸してみましょう。なぜならドアを開けた先の光景はほとんどがあなたの思った通りなのですから。修羅場を経験して良い影響なんかほぼないのだし、目に毒です。苦々しい経験をあなた一人でこの先背負っていくくらいなら、一度出直して冷静に対処する。そのほうが何倍も良いのではないでしょうか。

まとめ

浮気の修羅場の実例とともに結婚している場合の適切な対処についてご紹介してきました。

修羅場に出会ったときにどうするかで結婚している場合は大きくその先が変わっていきます。

浮気された場合の修羅場では傷つく割合が高いのは浮気された側のほうです。しっかりと対処をして自分の傷は最小限に、もらうものは最大限にできるように対処しましょう。

AMUSE(アムス)