夫の浮気相手はどんな人?離婚に踏み切る前に必ず知りたい3つのこと

夫に浮気をされると誰しも辛いものですが、一方で浮気には必ず夫が浮気をした「相手」がいます。

どういうつもりで浮気をしたのか、そして今後彼女はどうしたいのか。

浮気をされた側が浮気相手のことを知ることなんて、修羅場でも経験しない限りあまりないことですよね。

しかし、敵と戦うにはまず相手を知ること。そうでければこちらとしても冷静に正しい判断のもと動くことはできません。

この記事では感情的になって離婚に踏み切る前に必ず知りたい3つのことを掲載していますので参考にしてみてください。

知っておかないとハワイへの旅費以上の損をします。

夫の浮気相手はどんな人?離婚に踏み切る前に必ず知りたい3つのこと

以下3項目についてまとめました。夫の浮気が分かったときにはまず冷静に対処することが必要です。

・慰謝料を請求できる?関係発覚後に「既婚と知らなかった」と言われた場合

・法律を知らないあなたでももらえる!不倫相手からもらえる慰謝料の相場は?

・弁護士を雇う前にまずは無料相談!知っておきたいその内容とは

以下にて詳しく解説していきます。

慰謝料を請求できる?関係発覚後に「既婚と知らなかった」と言われた場合

浮気が明るみになり問い詰めたとろ、相手女性から「既婚男性だと知らなかった」との発言を聞くことがあります。

夫と浮気女性が同じ勤め先であったり、「俺、結婚しているよ?」などの明確なやりとりがなければ、慰謝料の減額や支払いが認められない場合があるのです。

「人のものだからこそ手に入れたい」なんて女性は、もともとこの手の“入れ知恵”も用意している可能性がありますし、バレたときの反論の対策もしているかもしれません。

こういう女性にはこちらとしても“本気”の態度を見せる必要があり、また証拠の入手も確実にしておきたいものです。

相手女性からの「奥さんに見つからないようにね」や、夫の「子供の送り迎えをしてから、行くよ」などのラインやメールのやりとりを入手しておきましょう。

やりとりが頻繁であればかならずどこかにこういったやりとりが隠されています。

証拠の見つけ方

浮気相手とのやりとりが全く見つからないという場合は、LINEの非表示機能やインスタグラム、ツイッターのダイレクトメッセージを確認してみてください。

それでも見つからないという方は、男性の名前のライントーク、GmailやYahooメールなどあまり使われないような意外なところに隠されている可能性があります。

よほど用心深い人は会社の携帯やスマホからしか連絡しないという人もいるかもしれませんが、男性は基本的にそういったことを隠すのが苦手で下手です。

更に欲が働いてなかなか連絡を我慢できなかったりするので携帯の中に内容が隠されている可能性は非常に高いので根気よく探してみて下さい。

浮気調査の方法に関しては別の記事にもまとめていますので自分ができそうな調査方法を試してみてください。

携帯の浮気調査に関しては
携帯から浮気や不倫調査する方法「証拠出ますけど大丈夫ですか?」

iPhoneアプリで浮気調査をする方はこちら>>>
無料アプリで浮気調査?!超おすすめ無料iPhoneアプリベスト5

車を頻繁に使っている夫でドラレコがついていたり、これから購入予定があるなどの場合はこちら>>>
ドライブレコーダーで浮気調査ができるのはホント?!理由も含め解説

GPSを使ってこっそり浮気調査するならこちら>>>
浮気を疑ったらGPSを準備!購入方法や取り付けにおすすめの場所は?

法律を知らないあなたでももらえる!不倫相手からもらえる慰謝料の相場は?

逆に「奥さんがいるのに申し訳ないとわかっていながら…」涙ながらに謝罪し、ただ夫に騙されただけのかわいそうにも思えてくる女性がいます。

その心底反省している姿に、驚くほどに怒りが冷めてしまい“ことを荒立てなくても良いのでは……”という意識さえ芽生えることもあります。

裁判になると夫との関係がさらに悪化するのは明白ですし、この場合「一切連絡を取らないこと」などの約束をさせ終わりにさせることもできます。

逆にそれでも許しがたいと思えば、きちんとした法的措置をとることも何ら間違っていません。法律を全く知らなくても、夫や不倫相手の「供述」があれば慰謝料をとることが可能です。

ただよほどの状況ではない限り素直に供述することはすくないので証拠を抑えることがカギとなります。

弁護士を雇う前にまずは無料相談!知っておきたいその内容とは

浮気相手が夫と別れる気がなく言葉巧みに操っているようであれば、浮気相手に罪悪感というものは存在しないでしょう

そんな場合は探偵を雇って早急にレポートを作成してもらい、対処しましょう。

あなたは深く傷ついて、それどころではないかもしれません。

しかし何もしなかったことにいずれ後悔するときがくるかもしれませんし、あなたの人生を狂わせた責任として“お金を払わせる”というのも一つの方法です。

たいていの場合は傷ついたり落ち込んだり、とても心をかき乱されます。

浮気した側は楽しい時間を過ごしてよかったかもしれませんが、された側はたまったものではありません。

慰謝料請求をして心を癒す旅行でもしないとまったく採算が合いません。

慰謝料請求が上手くいけば、ハワイ、グアム、サイパンすべて行ってもまだおつりがきます。

無料相談はやっているところも多いので、相談することがあなたの踏み出す第一歩です。

慰謝料や財産分与のお金のことに始まり、子供がいれば親権や養育費についてのことなど、いろいろありますので事前の準備が何よりも大事です。

まずは無料相談をしてみましょう↓↓

AMUSE(アムス)

関連記事   浮気調査「ゼッタイに知りたい人限定」ガツっとつかむ【証拠でスッキリ】

夫の浮気が発覚したその後

夫の浮気によるその後の経過は、約3割が別居か離婚、そうでない場合は関係修復をたどるようです。

また慰謝料について「すぐに離婚を決断しない場合」は相手からの慰謝料、「すぐに離婚したい場合」は夫と浮気相手の両方から慰謝料を取るのがセオリーです。

浮気相手も様々ですが、あなたを裏切った不貞行為は許しがたいもの。

罰を与えるために、ここは感情的にならず冷静に物事を進めていってほしいと思います。

まとめ

夫の浮気が発覚したのなら冷静に一番いい選択をすることを心がけましょう。

関係を修復するにしても、離婚するにしても自分だけが嫌な思いをして何も得られずに終わってしまったなんてことがないように以上のことを参考に最良の選択をしてくださいね。

関連記事  【プロ】の浮気調査方法!有名探偵事務所の浮気調査を徹底解説