恋愛が長続きしない!3カ月以内に破局してしまうカップルの原因!特徴も追究してみた!

せっかく恋人同士に慣れたのに…。

3カ月の壁という物が恋愛ではあるといわれていますが、3カ月で破局を迎えてしまうカップルは意外と多いもの。

どうして3カ月以内に破局してしまうのでしょうか。

今回は、恋愛が長続きしない!と悩んでいる方には是非読んでもらいたい。

恋愛が長続きしないカップルの特徴や原因について紹介します。

恋人がいる人は、今の恋人と破局しないためにと参考にするのもいいでしょう。

恋愛が長続きしない!3カ月で破局するカップルの大きな原因はお互いの気持ちのずれ。

なぜ恋愛が長続きしないのか

恋人と3カ月以上関係が続かないのか悩んでいる方は多いと思います。

そんな破局を迎えてしまうカップルには以下のような原因が考えられます。

【破局原因①】:気持ちの大きさが違う事に気が付くから。

人の気持ちの大きさを測る事は難しいですし、違いがあって当たり前なのですよね。

しかし3カ月以内に破局を迎えるような恋愛をしているカップルはこの気持ちの大きさにかなり差が原因と言われています。

告白されて、なんとなくいいかなと思って恋愛がスタートしたとしましょう。

最初は自慢の恋人で恋愛を楽しんだとしても告白された方が「いいかも」のまま気持ちが「好き」にシフトせず

告白したほうの「片思い」のままで続いてしまうとその恋愛は長続きしません。

信頼関係を築けないのはそれだけ簡単に終わってしまう恋人関係なのです。

【破局原因②】:イベントごとの盛り上がりで恋愛をスタートさせた。

クリスマスなどのイベントごとが近づくと「恋人がほしい!」と思うのは多くの方にある傾向。

そのイベントで「恋人」という存在が欲しく、何とか出来たとしましょう。

クリスマスまでは盛り上がり、楽しい1~2カ月は過ごせるのですが、イベントが終わったとたん気持ちが盛り上がらなくなってしまいます。

イベントのために恋人を作ったといっても過言ではありません。

3カ月以内に破局してしまう可能性が大きくなります。

【破局原因③】;付き合うまでの期間が短かった。

お互いが良く知らないうちに付き合いを始めると、なかなかお互いを理解するのに時間がかかってしまいます。

そんな時間を苦痛だと感じてしまえば、3カ月以内に破局を迎える可能性が非常に高くなってしまいます。

相手の事を良く知ってから付き合うのも大切なことなのですね。

恋愛が長続きしない!3カ月以内に体験したほうがいいこと。破局カップルの特徴は?

いざ恋愛をスタートさせると、楽しい時間を多く共有できることは理想でもありますよね。

しかし、その中で恋愛を始めて3カ月以内に経験したほうがいいことを紹介しましょう。

それは「ケンカ」です。

ケンカをして、自分の気持ちや相手の気持ちを確認しながら仲直りをする方法を見つけるのがいいでしょう。

ケンカの仲直りができるカップルは長続きするカップルの大きな特徴!

しかし、ケンカした後の仲直りが苦手なカップルは、3カ月以内に破局を迎えてしまう可能性が高いという特徴に繋がります。

お互い恋人でも他人同士。

ケンカをすることは悪いことではありません。

そんなかでケンカをずっと引きずったり、気持ちの整理ができない、仲直りが下手なカップルは破局する特徴とも言えるのですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

せっかく恋愛を始めたのに、長続きしたいと思う事は多いでしょう。

自分の恋愛の傾向として、どういう長所や欠点があるのか。

また、相手との関係が幸せなものなのか。

今回紹介した原因や特徴を踏まえて、もう一度恋人との関係を見つめなおしてみるといいでしょう。

新しい関係がまた恋人とスタートできるかもしれません!

破局してしまった人は、新しい恋愛を始める際には今回紹介したことを踏まえ、前向きに楽しい幸せな関係を築けたらと思います。

多くの方が幸せな恋愛を楽しめることを願っています。