復縁洋楽ソング「わかりやすい歌詞」のオススメ厳選3曲【共感の嵐】

音楽を聴くことは勇気をもらえたり涙が出てきたり、時に背中を押してくれたりと私たちの心に大きな影響を与えるものです。

「彼との失恋を忘れられない」

「また一緒になりたい」

好きな気持ちと復縁できていない辛い気持ちのはざまで苦しむ方のためにこの記事では、復縁ソングの洋楽でわかりやすい歌詞の曲をピックアップしてご紹介しています。

英語が理解できる人もできない人も英語特有のニュアンスと、海外アーティストならではの感性を感じ取って辛い今を癒し、復縁に前向きに進んでいきましょう。

歌詞を抜粋し意味と共にYOUTUBEとiTunesのダウンロードリンクも掲載していますので、気になった曲は聴いて何度も聞きたい曲はダウンロードして聴いてみてくださいね。

pairs3

復縁洋楽ソング「わかりやすい歌詞」のオススメ厳選3曲

ここからはさっそく復縁洋楽ソングのオススメ厳選3曲をご紹介していきます。

わかりやすい歌詞で海外でも日本でも共感の嵐を巻き起こしている3曲です。

失恋して悲しい、後悔して元に戻りたくてたまらない。でもどうしたらいいのかわからなくて途方に暮れているという女性に聞いてほしい洋楽があります。

復縁洋楽ソング『That Should Be Me(ジャスティンビーバー)』

セレーナゴメスとの交際など何かと話題の多い大ヒット歌手ジャスティンビーバーの復縁ソングです。

「That should be me(それは僕のはずなのに)」というフレーズが何度も繰り返されます。

「That should be me. Holding your hand.(君の手を取るのは、僕のはずなのに。)」

「That should be me. Making you laugh.(君を笑顔にするのは、僕のはずなのに。)」

「That should be me. Feeling your kiss.(君の唇を感じるのは、僕のはずなのに。)」

失恋した相手にはもう恋人がいて、相手を失った悲しみと後悔が歌詞から伝わってきます。

復縁したいと願う気持ちと、それが叶わないはざまでの切なさを感じているのは私だけではないと感じさせてくれる歌詞があなたの心を癒し前向きになるきっかけとなることでしょう。

復縁洋楽ソング『Back To December(テイラースイフト)』

洋楽ヒット歌手の一人で一世を風靡したテイラースイフトの復縁ソングです。

「I’d go back to December, turn around and make it all right(あの12月に戻りたい。やり直して今度はちゃんとしたい。)」

恋人を失った12月に戻ってやり直したいという切ない歌詞がすごく印象的です。

今度はちゃんとしたいという後悔の言葉。付き合っているときには当たり前で粗末にしていたことも、別れた今思い返すとちゃんとしておけばよかった…と思ってしまうものです。

別れてからでなければ気づけないこの独特の感情が歌われているこの曲。

あの時ああしていれば…そんな後悔がある方はとても共感できる歌詞の曲です。

過ぎてしまったことを変えることはできませんが、次のチャンスにはちゃんとしておいたほうがいいことがをはっきりさせてくれるようなそんな曲です。

この曲にしっかりと向き合って自分を反省し次の恋に向かっていきましょう。

ダウンロードはこちら

復縁洋楽ソング『Photograph(エドシーラン)』

いわずと知れたエドシーランの復縁ソングです。

「we keep this love in this photograph(写真の中に愛をしまっておこう。)」

写真の中であればあの頃のまま時が止まったままだから、写真の中に愛をしまっておこう。

という静かな悲しみが詩的な表現で伝わってきます。

あの時はもう二度と戻ってこないのではないか?

と思うとなかなか辛いものですが、しかし「写真の中に愛をしまっておこう。」という歌詞の中には聞いている側には切なさと共に何となくほっこりするような歌詞でもあります。

いったん今の現状を受け入れたうえでここからどうするか?といったん打つ終止符としての言葉でもあり終わりは始まりを予感させてくれる、そんな意味としてもとれる言葉です。

今までは今まで、ここから復縁するためにはどうすればいいかな?と次に目線を向けさせてくれるきっかけになる歌詞は復縁に向けて背中を押してくれるメッセージとなります・

エドシーランの歌詞は日常会話に近く、難しい言葉もあまりないので、洋楽をあまり聴かない人にもおすすめです。

ダウンロードはこちら

復縁洋楽ソング『Wish you were here』

イングランド出身の世界的に爆発的な人気を誇るロックバンド「Pink Floyd」による『Wish you were here』という曲は復縁を願っている方におすすめの一曲。

元彼のことが忘れられないあなたにピッタリでしょう!

この曲は、先に歌詞から出来上がり、メロディーが後からつけられた曲で、恋愛や復縁を描いた内容ではもともとありませんでした。

この曲は、実は中毒症状と疾患によりバンドを脱退したPink Floydのメンバーへの思いを歌にした一曲なのです。

しかしながら、曲の後半に「Wish you were here(君がここにいて欲しい)」というフレーズには、まるで復縁を願っている女性の思いを歌っているような印象を受けます。

曲を聴く人によって、さまざまな印象をもたらすでしょう。

復縁を願う女性の切ない気持ちを表現してくれているかのようで素敵な曲です。

 

復縁洋楽ソング『Yesterday』

いまでも世界中に多くのファンがいる、永遠のバンドTHE BEATLES

THE BEATLESの名曲中の名曲である「Yesterday」は、リズムやテンポもゆっくりで、優しくささやくような英語で歌われています。

このメロディーを聴いているだけで心がきゅっと切なくなりますね。

多くの人には失恋ソングとして知られていますが、実はメンバーのポールマッカートニーが14歳の頃、乳がんでこの世を去ってしまった母親を思って書いた詩を採用しています。

曲の最後に繰り返しされている歌詞「Oh I believe in yesterday」

直訳すると『私は昨日を信じる』となります。

しかし、それまでのフレーズから本当の意味は『ああ…。昨日まではあんなに楽しかったのに』という意味になるのです。

最愛の人を亡くしたことによって、永遠に続くと思っていた幸せが突然なくなってしまいました。

その悲しさを歌っている曲と考えると、復縁したい人の心に染みる最高の一曲なのではないでしょうか。

復縁洋楽ソング『Better Together』

『Fifth Harmony』というガールズグループが歌っている曲。

女性目線で書かれている曲ですが、明るく楽しく歌っているポップな音楽が悲しい気持ちをあげてくれる一曲です!

別れた彼氏のことを思いながらも、明るく楽しい気持ちにさせてくれます。

Now I understand that we’re better together

私たちはふたりの方が良かったなって今更気づいたわ

We’re better, we’re better, we’re better, we’re better, we’re better,

私たちは一緒にいる方がいいわね

恋人同士だったころの、些細なケンカやすれ違い。

それらを別れた後に後悔している様子がとても共感を呼ぶ一曲です!
最後には歌詞に「やっぱり2人でいるほうがいい!」という表現が使われて終わっています。

復縁したいのに挫折している女性が聴くことで、元気を与えてくれるでしょう。

音楽の不思議な力「行動誘導効果」

音楽を聴くと、共感して泣けてきたり、頑張ろうと勇気をもらえたりしますよね。

実は音楽には科学的にもすごい効果がいくつも分かっています。

ここでは音楽の効果の一つである「行動誘導効果」についてお伝えします。

行動誘導効果とは一言で言うと「曲によって、人間の行動が変わる」ということです。

例えば、曲のテンポをゆっくりにすると、歩くスピードや食べるスピードもゆっくりになります。

これを利用して、元気で明るい曲を聴くことであなたの話し方や気分も自然と明るく元気になります。

共感できる失恋の洋楽をたくさん聞いた後は、明るい曲で気分を変えてみるのも良いですよ。

明るくなれるおすすめの洋楽は、『Girlfriend(Avril Lavigne)』です。

「私、あなたのガールフレンドが嫌いなの。あり得ない!」

とあけすけに言っちゃう、たくましい女の子にスカッとします。

ダウンロードはこちら

 

まとめ

復縁洋楽ソングをご紹介してきました。

歌詞のメッセージをキャッチして復縁に前向きに進んでいきましょう。

人気記事  失恋つらい「助けて…」キューっと心が苦しいあなたの【心の処方箋】

人気記事  泣ける失恋ソング「切なさで涙ホロホロ」したいあなたの【処方箋】