不貞行為ってどこから?不倫されて悩んでいる方へ。意味や不倫の証拠になるものを紹介!

夫婦関係の破綻に繋がる原因で一番大きなものが不倫や浮気です。

よく聞くこの二つの言葉ですがそれに伴って出てくる「不貞」。

「不貞行為」などという言葉を一緒に聞くと思いますが、そもそも「不貞行為」という物はどのような意味があるのでしょうか。

今回は、不倫や浮気と共に使われる「不貞」という言葉についての説明と、どういう行為が不貞行為となり、離婚の原因になるのでしょうか。

不倫されて離婚や、今後の夫婦関係に悩んでいる方必見!

是非読んでみてください。

参考になることと思います!

不貞行為ってどこから?不倫からの離婚で使われる「不貞」の意味を押さえておこう!

まず、不倫や浮気などと一緒に出てくる「不貞行為」の「不貞」という言葉の意味を押さえておきましょう。

「不貞」とは・・・不倫を法律用語にしたもの。

法律の中では、夫婦関係の中で起きた不倫や浮気の事を「不貞」と表記するのです。

民法770条の1項1号に「不貞」という言葉が出てきており、離婚鯨飲の一つとして表されています。

裁判で使われる「不貞」とは・・・配偶者以外の人と肉体関係を持つこと。

法律用語では不倫=不貞と表記しているのに対し、裁判の中で使われる「不貞」とは

『配偶者以外の物と性的な関係を結ぶこと』という意味合いで使われています。

配偶者が、配偶者の意思で、結婚相手とは違う異性と肉体関係を結ぶこと。

このことを「不貞」や「不貞行為」と表しています。

法律では不倫自体が「不貞」と表しているのに対し、裁判では配偶者以外との性的な肉体関係の事を不貞と指すことになります。

是非覚えておきましょう。

 

不貞行為ってどこから?離婚裁判で慰謝料を請求される対象となる「不貞行為」とは?

次に、離婚裁判で証拠となり、慰謝料が請求できる不貞にはどのようなものが有るのでしょうか。

① デートやキスをしている証拠は不貞行為に当てはまらない。

不倫の証拠として不倫相手楽しそうに街を歩く写真や、食事をする写真といった、デート写真は正直、不貞としての証拠にはなりません。

性的な肉体関係の証拠にはならないからです。

しかし、不倫してとのデートの回数が多かったり、キスの写真といった証拠が多かったりすると

夫婦関係を脅かす行為として慰謝料請求の対象になったケースがあります。

② デート中体を密着している証拠が多く出てきた場合不貞に繋がる。

不倫相手とのデート中の写真や動画といった証拠は不貞行為に繋がりにくいのです。

しかし、体を密着させて歩いているなどと言った証拠は不貞に繋がる可能性がアップします。

不倫相手とイチャイチャ街を歩いている写真は不貞に繋がる事もあるのです。

③ ホテルに入っていく、一緒に出てくる証拠が一番の不貞の証拠に!

肉体関係があるという不貞の証拠に一番強いものとなるのが、不倫相手とホテルの出入りの証拠を押さえたもの。

裁判を起こして離婚したり、不倫相手に慰謝料請求する際には一番の証拠となります。

相手の家だったりする場合も回数が多ければ多いほど肉体関係の証拠となり不貞行為を証明することが可能です。

不貞行為ってどこから?婚姻関係にない二人の場合は?同性カップルでも慰謝料請求できたケースも。

不貞に関しては、婚姻関係にある夫婦に関係して、表される言葉となっています。

そのため、付き合っている状態である彼氏、彼女の関係では浮気となり、不倫ではありません。

そのため、不貞や不倫には当てはまらないのです。

しかし、同性カップルで、同居の期間が長いカップルだった場合、浮気を不貞と同様にみなし慰謝料請求された事例もあります。

内縁や、事実婚、婚約中の浮気なども慰謝料請求ができることもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、不貞の意味や、慰謝料請求できる不倫の証拠について紹介させていただきました。

法律上と、離婚裁判では不貞は違うものを指すのは驚きましたね。

事実婚や同性カップルなど、浮気しても不貞行為に繋がらない関係でも、慰謝料を請求する事もできる事もわかりました。

やはり、法に触れる恋愛にはリスクがつきもの。

リスクをしっかっりと押さえておけば、不倫や不貞、浮気に走る前に一度立ち止まって考えられるかもしれませんね。