不貞行為ってどこから?不倫されて悩んでいる方へ。意味や不倫の証拠になるものを紹介!

夫婦関係の破綻に繋がる原因で一番大きなものが不倫や浮気です。

よく聞くこの二つの言葉ですがそれに伴って出てくる「不貞」。

「不貞行為」などという言葉を一緒に聞くと思いますが、そもそも「不貞行為」という物はどのような意味があるのでしょうか。

今回は、不倫や浮気と共に使われる「不貞」という言葉についての説明と、どういう行為が不貞行為となり、離婚の原因になるのでしょうか。

不倫されて離婚や、今後の夫婦関係に悩んでいる方必見!

是非読んでみてください。

参考になることと思います!

不貞行為ってどこから?不倫からの離婚で使われる「不貞」の意味を押さえておこう!

まず、不倫や浮気などと一緒に出てくる「不貞行為」の「不貞」という言葉の意味を押さえておきましょう。

「不貞」とは・・・不倫を法律用語にしたもの。

法律の中では、夫婦関係の中で起きた不倫や浮気の事を「不貞」と表記するのです。

民法770条の1項1号に「不貞」という言葉が出てきており、離婚原因の一つとして表されています。

裁判で使われる「不貞」とは・・・配偶者以外の人と肉体関係を持つこと。

法律用語では不倫=不貞と表記しているのに対し、裁判の中で使われる「不貞」とは

『配偶者以外の物と性的な関係を結ぶこと』という意味合いで使われています。

配偶者が、配偶者の意思で、結婚相手とは違う異性と肉体関係を結ぶこと。

このことを「不貞」や「不貞行為」と表しています。

法律では不倫自体が「不貞」と表しているのに対し、裁判では配偶者以外との性的な肉体関係の事を不貞と指すことになります。

是非覚えておきましょう。

関連記事

この記事を読んでいるということは、彼氏が浮気しているかもしれない、もしくは浮気されたらどうしようと不安なのではないですか? 恋愛が始まるときは幸せでいっぱいですが、長く一緒に居るうちに喧嘩したり独占欲が出てきたり、そして相手を疑ったり[…]

浮気診断の決定版「有名探偵事務所」から導く浮気診断リスト【要確認】

不貞行為ってどこから?離婚裁判で慰謝料を請求される対象となる「不貞行為」とは?

次に、離婚裁判で証拠となり、慰謝料が請求できる不貞にはどのようなものが有るのでしょうか。

① デートやキスをしている証拠は不貞行為に当てはまらない。

不倫の証拠として不倫相手楽しそうに街を歩く写真や、食事をする写真といった、デート写真は正直、不貞としての証拠にはなりません。

性的な肉体関係の証拠にはならないからです。

しかし、不倫してとのデートの回数が多かったり、キスの写真といった証拠が多かったりすると

夫婦関係を脅かす行為として慰謝料請求の対象になったケースがあります。

② デート中体を密着している証拠が多く出てきた場合不貞に繋がる。

不倫相手とのデート中の写真や動画といった証拠は不貞行為に繋がりにくいのです。

しかし、体を密着させて歩いているなどと言った証拠は不貞に繋がる可能性がアップします。

不倫相手とイチャイチャ街を歩いている写真は不貞に繋がる事もあるのです。

③ ホテルに入っていく、一緒に出てくる証拠が一番の不貞の証拠に!

肉体関係があるという不貞の証拠に一番強いものとなるのが、不倫相手とホテルの出入りの証拠を押さえたもの。

裁判を起こして離婚したり、不倫相手に慰謝料請求する際には一番の証拠となります。

相手の家だったりする場合も回数が多ければ多いほど肉体関係の証拠となり不貞行為を証明することが可能です。

関連記事

夫がどうやら浮気をしているらしいと感じつつも、なかなか行動に移せない女性は多いことでしょう。 自分で調べた場合、失敗してしまうと最悪夫にバレてしまい、証拠隠滅されてしまう恐れがあります。 夫を泳がせつつ、確実に浮気の証拠を収集し[…]

夫の浮気を調査する方法「探偵へ依頼」する場合の料金はいくら?
関連記事

「今日、会社の飲み会。」 「仕事忙しくて、遅くなる。」 そんな彼氏や旦那の言葉を聞くたびに、 「もしかして浮気相手と会うの?」と胸が痛くなる。 そんな辛い思いをしているあなたに、浮気調査のプロである探偵が教える「男性[…]

浮気の兆候はコレ!男性が浮気をする時に必ず見せる4つの兆候

不貞行為ってどこから?婚姻関係にない二人の場合は?同性カップルでも慰謝料請求できたケースも。

不貞に関しては、婚姻関係にある夫婦に関係して、表される言葉となっています。

そのため、付き合っている状態である彼氏、彼女の関係では浮気となり、不倫ではありません。

そのため、不貞や不倫には当てはまらないのです。

しかし、同性カップルで、同居の期間が長いカップルだった場合、浮気を不貞と同様にみなし慰謝料請求された事例もあります。

内縁や、事実婚、婚約中の浮気なども慰謝料請求ができることもあります。

今不倫を疑っているあなたがどう事実を掴むか?

本当に怪しいと思っている状況なら証拠を掴む必要があります。

相手が好きだったり詮索をし始めてしまうと本当は違う状況でももしかして女と会っているのかも?とどんどん疑わしく思えてしまうものです。

でも女の勘とは鋭いものでかなりの確率で異変を察知してしまうもの。

自分で調査したり写真を撮ったりということには相当な労力が必要でもし何もなかった場合には逆に自分の立場が悪くなってしまうリスクもあって簡単にできるものではありません。

そのためプロに頼んで浮気調査をしてもらうのが一番ですがやはり費用は多くかかってしまいます。

ほとんどわかっていて後は事実を写真など形に残すだけという方は利用することをおすすめしますが、そうでない方は別の方法をおすすめします。

携帯を使った調査GPSを使った調査もおすすめですが、最近では占いで不倫していることが発覚したケースも多々あります。

占いでは今旦那がどんな運気の中にいて、浮気をするタイプかどうかが簡単にわかってしまいます。

今手っ取り早く知りたいという方は占いを利用してみるのもおすすめです。

占いで不倫がわかる??と疑問に思う方、今テレビ番組でも占いはとても話題で有名人の離婚や結婚など数多く的中させていることで世の中の占いに対する信頼も上がり続けています。

本当はプロに頼んで浮気調査が一番効果的ですが費用面で抵抗がある方はまずは占いで聞いてみるのも一ついい方法ですので参考にして見てください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、不貞の意味や、慰謝料請求できる不倫の証拠について紹介させていただきました。

法律上と、離婚裁判では不貞は違うものを指すのは驚きましたね。

事実婚や同性カップルなど、浮気しても不貞行為に繋がらない関係でも、慰謝料を請求する事もできる事もわかりました。

やはり、法に触れる恋愛にはリスクがつきもの。

リスクをしっかっりと押さえておけば、不倫や不貞、浮気に走る前に一度立ち止まって考えられるかもしれませんね。

関連記事

最近、夫の様子がおかしい。 なんとなく今までと違う。 「もしかして、浮気!?」 女のカンは鋭く、昔は魔力とも言われ死刑にされてしまう時代もあったほど定評があります。 カンの鋭さは今までの出来事で十分自覚しているあなた[…]

浮気相談はどこに?「絶対に怪しい」感づいたあなたがしたい相談と調査